過払いの引き直しの計算方法

弁護士や司法書士に過払いの手続きを完全に任せてしまえば、すべての手続きを行ってくれますが、自分で手続きをしようと覆った場合には、引き直しの計算も行わなければなりません。

引き直しの計算については、ある程度の金融の知識があれば誰にでもできることなのですが、少し難しいと感じる人もがいるかもしれません。



取引履歴があれば、理論的には難しいことではありませんが、面倒だと感じる人もいるでしょう。



具体的には利息制限法の上限金利を超えた利息に対して、年5%の利息を上乗せして合計すればよいだけのことです。
表計算ソフトなどがあれば、取引履歴をもとにして過払いの合計金額がどれくらいになるのかを知ることができるはずです。



理論的には渦かしくはありませんから、自分で計算してみようという人ならそれもよい方法だと考えられます。


このような場合には、パソコンのソフトウェアを利用するのは良い方法です。


ソフトウェアを用いれば一瞬で計算してくれますし、計算結果も正確です。
無料でダウンロードできるものもありますから、これをダウンロードして数字を打ち込むことによって簡単に計算してくれます。ほかにも代行業者に依頼するのもよい方法です。

数千円くらいの費用がかかることもありますが、代行業者に任せれば面倒な作業は必要ありません。
また、代行業者は過払いの案件を多く引き受けていますから、信頼性も高いです。

面倒だと感じるのなら代行業者に依頼するのは良い方法だと考えられます。